ザ・バッド (2009年)

あらすじ

美術館のベテラン警備員ロジャー。新米の館長が館内の展示物の一新を計画していたが、自ら芸術を愛するロジャーはそれが許せなかった。さらに、特に気に入っていた絵画がデンマークに送られる事を知り落胆していた。

この出来事に同じ気持ちを抱いていたのが同僚チャーリー。そこで二人は、デンマークに愛する絵画が送られる前に何とか盗み出す事を決める。

そこに夜間警備員ジョージが加わり、計画を実行する。

アメリカ/90分

監督・出演者

[監督]
ピーター・ヒューイット

[出演者]
モーガン・フリーマン、クリストファー・ウォーケン、ウィリアム・H・メイシー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィン・エヴェレット、ジョゼフ・マッケンナ

感想

豪華な三人の名優が出演する映画。三人のオヤジが美術品を盗み出すといった単純な内容で、爆笑するというより淡々とクスっとくる笑いが続く。

名優が主演しているが、意外とくだらない笑いも盛り込まれていて面白かった。美術の知識がなくても十分面白かったが、知識があればもっと面白かったかも。

三人のオヤジの中で、ウィリアム・H・メイシーの役柄がいい味出していた。